居宅介護支援事業所とは

在宅の要援護者が適切に介護サービスを利用できるよう、ケアマネージャー(介護支援専門員)が在籍し、要介護認定の申請のお手伝いや利用者(要支援、要介護認定者)の居宅サービス計画(ケアプラン)を利用者や家族の立場になって作成をお手伝いいたします。

各相談手続は無料です。まずはご相談下さい。

ケアマネージャーの役割

要支援、要介護認定を受けた方からの相談を受け、ご利用者の心身の状況や置かれている環境に応じた居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、サービス事業者や関係機関との連絡調整等を取りまとめます。

ケアプランとは

要支援、要介護に認定された方のご希望に沿った介護サービスを利用できるように、必要性と利用限度額や回数に基いて作成される介護サービスの計画です。自分でも作成できますが、依頼頂ければケアマネージャーが作成します。

サービスの流れ

1

要介護認定

介護保険を利用するために必要な認定です。申請のお手伝いをします。

2

ニーズの把握

要介護認定により要介護1~要介護5となった方を対象にケアマネージャーがご自宅を訪問しご利用者やご家族の状況、ご希望を把握いたします。

3

ケアプランの作成

ご利用者やご家族と相談しながらケアプランを作成します。

4

サービス担当者会議

ご利用者が利用されるサービスに関わる担当者が情報共有や協働していくための会議を行います。

5

サービス事業者との契約

ご利用者は利用する各サービス事業者との契約が必要となります。

6

サービス利用スタート

以下のような居宅サービスがご利用できます。

  • 訪問入浴
  • 訪問介護
  • 訪問看護
  • 通所介護(デイサービス)
  • 通所リハビリテーション
  • 短期入所療養介護(ショートステイ)
  • 福祉用具レンタルなど